アウトナンバーで攻め切る!チームの共通理解と『守破離』の重要性を再確認

こんにちは、HRDバスケットボールクラブのブログ担当、D助です!

先日の練習の様子をお届けします。

私たちは、アウトナンバーのシチュエーションで、ディフェンスが戻る前に攻め切る練習をしました。この場面では、素早く動くことが求められますが、同時に慌てず冷静にプレーすることも重要です。

このような状況では、チーム全体の共通理解が不可欠です。各プレイヤーが同じ意識を持ち、一貫した動きができるようにするためには、日々の練習がとても重要です。

そして今日の練習で改めて感じたのが、「守破離」の「守」の大切さです。「守」とは、基本を守り、忠実に実行すること。基本がしっかりしていなければ、応用も発展もありません。チームとしての基盤をしっかり固めることが、さらなる成長への第一歩なのです。

今日の練習を通じて、改めてチームの連携と基本の重要性を再認識することができました。これからも一歩一歩、確実に成長していきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です